eラーニングが企業のゴール達成の効率化をサポートする4つの理由

Computer Teacher

 

eラーニングはスマホの普及に伴ってここ数年で一気にメジャーになってきました。現在では企業でeラーニングを社員教育に活用しているところも少なくありませんが、日本国内ではまだ欧米ほど企業間では広がっていないと思います。

今回のポストでは企業が社員と一緒に育っていく際に、eラーニングに実際どういったメリットがあるのかを4つのポイントに添って話したいと思います。

 

 

研修費用の削減

独自学習コンテンツを作成するのは大変ですが、スキルアカデミーのようなeラーニングを活用することによって高い費用対効果が得られます。ビジネススクールへ実際に行くためにかかる時間や費用の節約にも繋がります。

フィジカルなコストの削減

例えば、社内ワークショップを催すとすると、ルームの確保〜部屋のアレンジ〜スケジュールの調整〜ワークショップ後の清掃など、実際相当な時間と労働力がかかります。しかし、オンラインで環境を整えて、あとは学習者それぞれのペースでやらせてしまえば、企業は上で言ったような費用の心配はしなくて済むようになります。 全てをeラーニングでまかなわず、オンラインとオフライン両方で社内教育に取り組むことも費用を抑えるのに効果的です。

企業内の生産性の向上 

社員それぞれ忙しい時期とそうでない時期がバラバラだとしても、時間や場所に縛られる必要のないeラーニングなら、業務に悪影響を及ぼすことなく学習することが可能です。現場では学ぶことのできない能力やスキルを与え、それを実際の業務で活かすことにも非常に役立ちます。

学習コンテンツの標準化による社内共通言語体系の構築

実際のビジネススクールに参加すると、同じトピックでも教師によって伝え方も授業の質も違うというデメリットがあります。しかしeラーニングなら全ての社員に一貫して同じ質と内容の学習をさせることができます。社内にマネジメントの共通言語体系ができるということは、想像以上の効果が生まれます。社員全員に同じ理解度を求めるなら、この環境は必要でしょう。実際のクラスではインタラクティブな授業を受けることができる反面、授業料が高かったり学習コンテンツの一貫性に欠けるので常にリスクが伴います。

 


 

いかがでしたか?少しはeラーニングの利点が伝わったでしょうか。 

合わせて私達、スキルアカデミーの紹介もしたいと思います。スキルアカデミーではタレントビルダーという実践重視の現場研修を提供しています。このサービスではお受けいただく会社に以下の3つのサービスを提供します。

  1. マネジメント研修ポータル構築・運営サービス
     貴社専用のマネジメント研修のインフラを構築します
  2. マネジメント研修サービス
     反転授業による格段に費用対効果の高いマネジメント研修を提供します
  3. 社内講師育成サービス
     マネジメント研修の一環で社内講師を育成します

詳しくはこちらのページからサービス情報を読むことができます。
https://www.skillacademy.jp/talentbuilder/


 ケニー

スキルアカデミーでウェブマーケティングを担当しているケニーです。
こちらのブログでは、海外生活のノウハウ、海外企業で働く際のポイント、実用的ビジネス英語など、海外生活が長い僕ならではの記事を書いていこうと思います。ブログで書いて欲しいテーマなどあればコメント欄でもメールでもなんでも良いので連絡してください!

 

スキルアカデミー ケニー


カテゴリ :

投稿日時 : 2015年7月15日