「山川草木悉皆成仏」は仏典には出てこない

私のスタートアップ講座『能力のプロファイリング』の第4部「価値感のプロファイリング」補章1「日本人には動機がないという考え方」で、「日本の仏教」の特殊性に触れた。「山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)」という思想は、インドや中国にもない日本独特の思想だと書いた。若干、正確性を欠くことが判明したので、以下、修正しておきたい。

スキルアカデミー 佐久間陽一郎


大塚家具の大塚会長に付いて行くことを決めた社員達?

公開企業の創業家の内紛。たまにある話しだが、それに巻き込まれる社員達は大変だ。意図せずサラリーマン人生の岐路に立たされる。大塚会長の貴社会見に同席した社員達の表情をどう読むか?

スキルアカデミー 佐久間陽一郎


誰でも使えるマーケティング・リサーチの定量的分析法

『誰でも使えるマーケティング・リサーチ(イノベーション編)』の姉妹編『誰でも使えるマーケティング・リサーチ(アナリシス編)』の開講だ。素人でも多変量解析ができるよう、たくみにガイドする。シード・プランニングの牛澤賢二氏の5回シリーズ開始。

スキルアカデミー 佐久間陽一郎


社会人における学習・自己啓発の現状について

 我々スキルアカデミーは、「あらゆる人に、自立したプロフェッショナルになるための、すべてのスキルの学習機会を、あらゆる時間/場所で利用可能な形で、提供する」をミッションにサービスを開始しました。
 「あらゆる時間/場所で利用可能な形」とは、主に仕事外である自由な時間、通勤などの移動時間等を想定しています。また、今では最も身近になった、スマートフォンやタブレットを活用することで、手軽に学習する機会を提供したいと考えています。

真野芳和


「良い時は悪い時」、「悪い時は良い時」

昨今企業業績好調の報道が多いが、円高のメリットによる恩恵による結果に酔いしれていると、次の波が来た際に再生不能な大打撃を受けることになる。資金的、時間的余裕のある今“真”の競争力強化へ向けて発想の転換を図る一助としてほしい。

東京工業大学特任教授 古田 健二


「分かる」会計の本、遂に登場する

会計の本に挑んで「討ち死に」する人がいかに多いことか。しかしこの講座は違う。ビジネス上必要な会計知識――企業会計――が、分かるように書かれている。毎回「理解度チェックテスト」を用意されており、一歩一歩、着実に前に進むことができる。

佐久間 陽一郎


自家学習(自らの意思と金による学習)のすすめ

日本企業は社員教育に驚くほど金をかけていない。経営者は教育研修が業績を上げるとは考えていないからだ。ではそんな会社に依拠していていいのか、いや、いいはずがない。自家学習をおすすめする。自分の意思と金による学習の方がずっと身に付く。

佐久間陽一郎


B2Bの中小企業にも役立つマーケティング・リサーチ

読ん直ぐ分かり、実践できるマーケテイング・リサーチのシリーズが始まる。著者は三留修平氏、講座名は『誰でも使えるマーケティング・リサーチ』「イノベーション編」だ。マーケティング・リサーチでイノベーションを興そう。

佐久間陽一郎


「動機とは何か?」を読んだ方への問題の回答

スタートアップ講座(上)『能力のプロファイリング』の第2部「動機とは何か?」を読んでいただいた方への動機に関する問題の回答だ。毎日続く犬との散布を支えているのは、達成動機だろうか、親和動機だろうか、権力動機だろうか?類推できるのか?

佐久間陽一郎